健康/食品一覧

ホタテの力くん海の野菜洗いを使ってみた(農薬除去)

日本は農薬使用量が世界一位、二位を争うほど大量の農薬を使っています。また輸入作物は通常の農薬に加えてポストハーベスト農薬の心配もあります。これらの農薬を除去することはできないか?と思う人も多いと思います。そこで農薬除去効果が期待できるホタテの力くん海の野菜洗いを使ってみました。

自然栽培大豆を使った「蔵の雫 醤油」を伊勢丹オンラインストアで購入してみた

伊勢丹オンラインストアで「蔵の雫 醤油」を購入。安い醤油は「醤油みたいなもの」であり醤油ではありません。そのため本物の醤油に近づけるために様々な添加物が加えられています。健康を害するおそれがあります。蔵の雫は自然栽培大豆を使用、無添加で自然醸造の本物の醤油です。

自然栽培の甘夏を食べた後、残った皮で塩漬けを作りました。

自然栽培の甘夏を購入しました。自然栽培とは農薬、肥料を使わない、自然のチカラを借りて作物を育てる栽培方法です。甘夏は元々夏みかんであり、夏みかんの変異種として誕生しましたが、現在では収穫量は多くないようです。甘夏の皮は塩漬けで食べました。汗をかいたとき、気分転換したいときなどに重宝します。

健康維持に使われ出している「重曹」・・・そもそも重曹とは、どのような物質なのか?

洗剤の代用、料理の添加物として知られる重曹ですが、近年虫歯予防や癌にも効き目があると言われています。そのような情報の中には危険を伴ったり、話に尾鰭がついたものがあります。医薬品であり、食品添加物であり、掃除の補助剤である重曹には管理体制、かかるコストの違いがあります。

国産の有機JAS大豆を使用した木綿豆腐(大豆屋)

国産の有機JAS大豆を使った木綿豆腐を購入しました。大豆屋さんというお豆腐屋さんの製品です。消泡剤不使用、にがりは海精にがりを使っています。安い豆腐は大豆の味が薄く、プヨプヨした食感ですが、大豆屋の豆腐は大豆の味、風味がしっかりしていて、ズッシリ、美味しいです。

【天然酵母 国産小麦】木のひげパンの「パン・ド・カンパーニュ」

木のひげパンのカンパーニュ。材料は天然酵母、国産低農薬小麦、岩塩のみです。イーストの誕生でふわふわで白いパンが大量生産されるようになりましたが、味、栄養とも本来のパンとは別ものであり、輸入小麦はポストハーベスト、過度の品種改良の影響が心配です。天然酵母、国産小麦の木のひげパンは、美味しく安心なパンです。

慣行栽培、有機栽培でもない、自然栽培野菜の赤玉ねぎ(埼玉県 橋本農園)

自然栽培の赤玉ねぎ(埼玉 橋本農園)を購入。自然栽培は農薬、肥料を使わず自然のチカラを使う栽培です。一般的なスーパーの野菜はF1種という種を使いますが、F1種は形も味も安定した作物を効率良く生産でますが、遺伝レベルで人為操作が加わり、その不自然さが問題です。ですので、固定種、自家採取が見直されています。

ヘンプ、自然素材の男性用下着が「ふんどし」ばかりなので愛用のパンツを紹介します

ヘンプ、自然素材を使用した男性用下着は「ふんどし」ばかりが目立ちます。ふんどしはちょっと避けたい人も多いでしょう。そこでヘンプ、自然素材のパンツを紹介します。ヘンプ(大麻)は不祥事ばかりがメディアを賑わしていますが、昔は日本の文化に密着した存在でした。

【杉並区 高円寺】杉並区、高円寺で自然栽培野菜を購入する意外な方法

慣行栽培、有機栽培でもない自然栽培野菜。都会のお店では滅多に手に入れることができません。自然食品店においても有機栽培はありますが自然栽培の品はほとんど見当たらないのが現状です。そこで、私が暮らす杉並区高円寺において意外な方法で自然栽培野菜とその加工品を手に入れることができるのでご紹介します。

【重曹のウソ】「重曹が癌に効く」は、話しに尾鰭が付き過ぎた嘘であり、危険を伴う

重曹水を飲めば癌が治る、癌の予防になるとインターネットを中心に拡散されています。これはシモンチーニ医師の癌治療、研究からきた話しです。しかし、それらは話しの尾鰭がついた誇張を含んでおり危険を伴うのも事実です。還元作用のある重曹と言えども人工的に精製された化学物質であることに変わりはありません。

【雑草・野草】豊富な植物性ミネラルと解毒作用をもつ「スギナ」とケイ素について

スギナは畑や庭の雑草で、取っても取ってもすぐに生えてくる厄介者です。生命力が強く、広島原爆後の焼野原にいち早く復活した植物でもある。カルシウムやケイ素が豊富で、中でもケイ素は放射性物質の解毒作用が確認され注目されています。スギナ茶は誰でも簡単に手作りできるデトックスアイテムです。

【雑草・野草】タンポポを食べる

知名度ナンバーワンの雑草、タンポポ。花、葉、根、すべて食べることができ、薬用の効能も高いスーパー雑草だ。みじかにありすぎて、食用になることを知らない人も多い。ノンカフェインのタンポポコーヒーがお勧めで、タンポポの根を煎って煮出し、抽出することで出来る。海外では普通に野菜として位置づけられてる地域もある。

【雑草・野草】オオバコを食べる

オオバコは柔らかい土壌より硬く踏みしめられた土壌を好む。人や獣が通るとき種子を付着させ遠くへ運んでもらうためだ。踏まれてもすぐに新しく生えてくる。生命力、繁殖能力に長けている。黄緑の若葉は天ぷらなどに、筋張った大きな葉は干してお茶に。咳止め効果があるので市販の「のど飴」にも使われる、ポテンシャルの高い雑草だ。

【雑草・野草】カラスノエンドウを食べる

どこにでも生えているカラスノエンドウ。3月、4月頃都会でも空き地や植え込み、公園で容易に見つけることができる最もポピュラーな雑草だ。ソラマメの仲間でタンパク質が豊富であり、食べることができる。若くて柔らかい新芽、豆、豆鞘、これらすべて食べることができる。

1 2 3 4 5