WordPressサイトのSSL化について

当ブログ「kk-information」はwordpressを使って運営しています。SSL化したのでそのやり方をお伝えしようと思います。

サーバーの設定

まずは利用しているレンタルサーバーの設定です。
当サイトはロリポップレンタルサーバーを使用しているので、今回はロリポップでの設定になります。ロリポップ以外のサーバーをお使いの方は「サーバー名+SSL化」で検索するとやり方が出てくると思いますので、そちらに従ってください。

ロリポップ!ユーザー専用ページにアクセスします。

https://user.lolipop.jp/

ドメイン名とパスワードを入力してログインします。

左側のサイドメニューから「セキュリティ>独自SSL証明書導入」を選択します。

「SSL保護されていないドメイン」を選択し、該当するドメインにチェックを入れます。

すると、右側にある「独自SSL(無料)を設定する」がグレーから水色にかわります。

「独自SSL(無料)を設定する」をクリックすると、「SSL設定作業中」に表示が切り替わります。10分ほどで設定作業は完了します。すると「SSL保護されていないドメイン」にカテゴライズされていた該当ドメインが「SSLで保護されているドメイン」にカテゴライズされるようになります。

以上で、SSL化にともなうサーバーの設定は完了です。

wordpressの設定変更

wordpressにログインし、左側のメニューから「設定>一般」を選択します。

「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「http」から「https」に変更し、一番下にある「変更を保存」をクリックします。

以上でwordpressの設定変更は完了です。

記事内の内部リンク変更

「wordpressの設定変更」でパーマリンクや固定ページは「http」から「https」に変更されているはずですが、記事内の内部リンクはまだ「http」です。これを「https」に変更するにはプラグインを使用します。

使用するプラグインは「Search Regex」です。

左側のメニューから「プラグイン>新規追加」を選択します。

右上のキーワード入力欄に「Search Regex」を入力し、検索します。すると下図のプラグインが出てきますので、インストールし、有効化してください。下図はすでにインストール、有効化を済ませた状態です。本来は「今すぐインストール」のボタンが表示されインストールできるようになっています。

左側のメニューから「ツール>Search Regex」を選択します。下図がSearch Regexの設定画面です。

「Source」は「Post content」を選択してください。
「Limit to」は「No limit」を選択してください。
「Order By」は「Ascending」を選択してください。

「Search pattern」には「http://」のドメインを入力してください。当サイトの場合は「http://kk-information.com」です。
「Replace pattern」には「https://」のドメインを入力してください。当サイトの場合は「https://kk-information.com」です。

「Regex」は何もチェックしないでください。

最後に「Replace & Save」を選択して完了です。

正常に処理されていれば、記事内の内部リンクが「http://」から「https://」に置き換わっているはずです。
記事内の内部リンクがきちんと置き換わっているか、確認してみてください。

以上で「記事内の内部リンク変更」は完了です。

リダイレクトの設定

GoogleやYahooの検索でインデックスされている記事は、まだ「http://」のままです。検索してクリックしたときに自動的に「http://」から「https://」になるようにリダイレクトの設定をします。

リダイレクトの設定を行うには、該当のwordpressが入っているフォルダの「.htaccess」ファイルを書き換える必要があります。

.htaccessはFTPを使ってアクセスします。

当サイトが利用しているロリポップサーバーにはFTP経由でアクセスすることができます。他の有名なレンタルサーバーであれば同じようにFTP経由でアクセスすることが出来ると思います。また「FFFTP」などのソフトウェアからでもアクセス可能です。

ロリポップ!ユーザー専用ページから、「サーバーの管理・設定>ロリポップ!FTP」を選択します。

該当するwordprssが入っているフォルダーを選択、ダブルクリックします。

「.htaccess」ファイルをダブルクリックすると、下図のようにファイルの内容を書き換えることができる画面に切り替わります。

念のため、初めに書かれている内容のものは「メモ帳」などにコピペしてバックアップしておいてください。ファイルの書き換える内容は以下の通りです。

今回はロリポップのサーバーにインストールしたwordpressの.htaccessファイルを例に説明しています。他のサーバーであったり、事前に.htaccessファイルの書き換えを行っている場合はうまくいかない可能性があります。必ずバックアップはとっておいてください。

書き換えが完了したら、一番下にある「保存する」のボタンをクリックしてください。

後は、googleやyahooから、適当な該当サイトの記事を探してクリックしてください。正常に出来ていたら、「https://」にリダイレクトされるはずです。

これでリダイレクトの設定は完了です。

以上ですべての再設定は完了になります。

お疲れさまでした。

関連記事

前回の記事でWordPressのSSL化について書きました。以下がその記事です。 やり方は大きく分けて4つのセクションがあります。 ・レンタルサーバー側の設定 ・WordPressのURL変更設定 ・記事内の内部リンク変更 ・リダイレクト設定 ...