名張市長選挙 開票状況と立候補者の当落結果・・・情報がネットで拡散される

名張市長選挙 開票状況と立候補者の当落結果

名張市長選挙

名張市長選挙(2022年4月17日投票) 結果
【政治・選挙プラットフォーム政治山】名張市長選挙(2022年4月17日投票)結果のページです。

名張市長選告示 新人2人が立候補 17日投開票

任期満了に伴う三重県名張市の市長選挙が10日告示され、新人2人が立候補しました。

名張市長選挙に立候補したのは、届け出順にいずれも無所属で新人の元市議会議員の森脇和徳氏(48)と元県議会議員の北川裕之氏(63)の2人です。
5期20年務めた現職の引退を受け、過去の市長選挙に立候補経験がある2人が争う構図となりました。
名張市は人口が7万6000余り。関西のベッドタウンとして発展しましたが、平成12年を境に人口が減少し、高齢化も進んでいます。
選挙戦では、地域経済の活性化に向けた産業振興策や市立病院の改革などを含めた地域医療の拡充策、それに財政健全化策などについて論戦が交わされる見通しです。
名張市長選挙は4月17日に投票が行われ、即日開票されます。

参照:https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20220410/3070007753.html

社会

KKトレンド情報
タイトルとURLをコピーしました