【文春砲】中島哲也監督「派谷恵美」を自殺未遂に追い込んだ? 「バストトップを強要」真相は?・・・情報がネットで拡散される

【文春砲】中島哲也監督「派谷恵美」を自殺未遂に追い込んだ? 「バストトップを強要」真相は?

 14年6月に公開された作品が「渇き。」だった。同作は米国のオースティンファンタスティック映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、トロント国際映画祭やBFIロンドン映画祭にも出品された。だがその陰で女優が自殺未遂に追い込まれていたことは知られていない。

 同作では役所広司が、敵対する刑事役のオダギリジョーの妻をレイ〇するシーンがある。この妻役を演じたのが元女優のA子さんだ。A子さん本人が話す。

「オーディションの前に脚本を読んでおり、レイ〇シーンがあることは承知していました。しかし、当時所属していた事務所とは『バストトッ〇が露出されるヌー〇シーンのある作品には出演しない』という契約を結んでいた。バストトッ〇の露出はNGという前提のもとオーディションに参加していました」

出演女優が告白「巨匠監督作品の性被害」「私はバストトップ公開で自殺未遂に追い込まれた」 | 週刊文春 電子版
 小誌が報じてきた芸能界の性被害。女優の水原希子はプロデューサーから「アンダーヘアを出すように要求された」と被害を告白し、性的シーンの撮影に潜む危うさを訴えた。同様の被害は日本アカデミー賞監督の現場…

参照:https://bunshun.jp/denshiban/articles/b3078

芸能

KKトレンド情報
タイトルとURLをコピーしました