定額小為替とは何か?・・・定額小為替の購入、発送方法

定額小為替

定額小為替とは?

諸事情で定額小為替が必要になりました。450円分です。定額小為替の読み方は「ていがくこかわせ」です。恥ずかしながら私は読めませんでした。あまり日常に浸透しているとは思えません。知らない人も多いかと思います。

定額小為替とは、現金に換えて送付、送金する証書のことです。郵便局で取り扱っています。現金は郵便では送付することはできません。そこで現金を定額小為替に換えて郵便で送付するのです。

現金書留は送料が高くなってしまいます。定額小為替は送料を抑えられるので少額の送金に適しています。

定額小為替の購入方法

定額小為替は郵便局の窓口で購入できます。

私は八王子狭間通郵便局で購入しました。自宅から自転車で10分ほどの場所です。

八王子狭間通郵便局
・住所:〒193-0941 東京都八王子市狭間町1455-1
・営業時間(郵便窓口):9:00~17:00(土日祝は取り扱いなし)
・営業時間(貯金・保険):9:00~16:00(土日祝は取り扱いなし)
・ATMあり

郵便局には「郵便」と「貯金・保険」の2つの窓口がありますが、定額小為替を扱っている窓口は「貯金・保険」の窓口になります。

「貯金・保険」の窓口は平日のみの取り扱いで、16時までです。利便性は良いとは言えませんね。定額小為替は窓口でしか購入できません。なかなかキツイ時間設定です・・・。

窓口には「整理券発券機」があるので、まずは整理券を取りましょう。自分が取った整理券の番号と○○番の窓口まで~とアナウンスが流れたら、指定の窓口に行ってください。

窓口の係り員に「定額小為替○○円分ください」と告げます。私の場合は450円でした。すぐに係り員が「定額小為替振出請求書」という手続き書を用意してくれます。

自分で記入する項目は以下の通りです。

・住所
・氏名
・電話番号

他にも記入するところがありますが、係員が記入してくれます。注意する点は、住所、氏名、電話番号ともに「自分の情報」を記入することです。定額小為替の送付先の情報ではありませんので気を付けてください。

ここまでの手続きで要する時間は5分程度になります。

購入できる定額小為替の金額、手数料について

定額小為替は購入できる金額に種類があります。1円単位で購入するものではありません。購入できる定額小為替の種類は以下の通りです。

50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円

以上の12種類になります。

手数料は、発行される定額小為替1枚につき100円(税込み)になります。

例えば、1500円分の定額小為替が必要な時は、1000円1枚、500円1枚の合計2枚の定額小為替が発行されるので、手数料は200円になり、1700円支払うことになります。

また、発行には特に必要なものはありませんが、金額が10万円を超える場合は免許証など本人確認書類の提示が必要になります。

今回は定額小為替を購入し、送付することを前提としていますが、反対に定額小為替を受け取り現金にするときは印鑑と本人確認書類が必要になります。

定額小為替には有効期限があります。発行日から6カ月です。気を付けましょう。

定額小為替の送付の仕方

定額小為替

定額小為替

上記画像は発行された定額小為替(450円)とその領収書です。

正確には「定額小為替証書」という証書になります。黒塗りしているところは発券番号などが書かれています。

「指定受取人 おなまえ」の欄がありますが、送付先からの指定がない限り「無記入」で送れば問題ありません。なにもせずにこのまま封筒に入れ、あとは通常の郵便物同様に切手を貼り、送り先の住所を封筒に書いて送ればOKです。

領収書は自分の手元に残してください。

郵便関係の記事の紹介

引っ越しネタが続きますが、前回同様に、各種手続きの中にはインターネットや郵送で済ませられるものがあります。前回は役所への転出届けでした。 今回は郵便局への「転居・転送サービス」です。簡単に説明すると、旧住所への郵便物を新住所へ転送してくれるサービスで、有効期...

シェアする

フォローする