マイクロプラスチック一覧

マイクロプラスチックは自然海塩に影響するのだろうか?リスクはあるのだろうか?

マイクロプラスチックとは目に見えないくらい小さなプラスチック片のことです。近年、魚介類、海塩への混入が確認され、健康へのリスクが心配されています。また水道水にも混入が確認されてもいます。健康リスクはないとされていますが、どうなんでしょうか?今現在、科学的なデータはありません。

海水塩に潜む新たな危険性・・・マイクロプラスチックとは何か?

マイクロプラスチックとは目に見えないくらい小さなプラスチックのゴミであり、プラスチックに使われている塗料なども含まれます。海水中に漂うマイクロプラスチックが魚介類に蓄積されることが報告されていますが、今回の調査研究で海水塩の中にも発見され、日本のメーカーの食卓塩からも検出されたそうです。