天然酵母、国産小麦の全粒粉100%パン:Backer Natur(ベッカーナチュレ)

ベッカーナチュレ 全粒粉100%パン

Backer Natur(ベッカーナチュレ)の全粒粉100%パンを購入しました。「全粒粉」という言葉はあまり聞きなれませんが、パン好きで健康を気遣っている方は知っている人も多いかと思います。

今回は小麦の害、危険性を考慮し、どのようなパンを選べばよいのかを踏まえて、ご紹介していと思います。

多くのパンに使われている、海外産の輸入小麦の害、危険性について

小麦粉

パンと言えば小麦ですが、糖質制限、グルテンフリーなどで「小麦」が悪者扱いされるようになってきました。中でも質の悪い海外産の小麦を避けようという動きが高まっているようです。

海外産の小麦の中には、効率優先で大量生産できるように過度に品種改良されているものがあり、なかには遺伝子組み換えされているものもあるとウワサされています。

そのような人為的な操作により、小麦は、小麦本来の自然な状態からかけ離れた「小麦のような別の何か」になってしまっており、その「小麦のような別の何か」が人体の健康を破壊しているのです。そのため最近では、過度の品種改良をされていないスペルト小麦などの古代小麦に注目が集まっているようです。

また輸入小麦には、ポストハーベストと呼ばれる収穫後に散布される防カビ剤、防虫剤、防腐剤の処理がされています。長期間の倉庫保存や輸送時に、カビ、害虫、腐敗を防ぐために、厚生労働省が法律で定めているためです。

そして、上記にある過度の品種改良と同様に、これら不自然な化学物質である防カビ剤、防虫剤、防腐剤も人体の健康を破壊しているのです。

しかしながら、輸入小麦を避けようという動きも高まっており、ナチュラル志向の高いパン屋さんを中心に国内産の小麦、中でも有機、自然農法の小麦を使ったパンも徐々に増えてきています。

健康を維持するための栄養源、エネルギー源として、パン、小麦は必要??

糖質過剰の食生活によって、癌や各種免疫疾患などの生活習慣病が爆発的に増えたといっていいでしょう。日本人は白米や白小麦などの炭水化物が大好きです。そのため生活習慣を改善するために糖質制限がはやっているのです。

私自身も、糖質の多い小麦やパンの摂取は健康を維持するための栄養源、エネルギー源とは考えておらず、どちらかというと「嗜好品」だと思っています。

パンを食べたくない人は食べない方が良いし、食べたいという人は無理してやめなくてもいいんじゃないかな、くらいの考えです。しかしながら、パンを食べる場合には、余計な添加物が入っていない国内産小麦、中でも全粒粉のパンが良いでしょう。

【おすすめのパン】Backer Natur(ベッカーナチュレ)の国産小麦、全粒粉100%パン

ベッカーナチュレ 全粒粉100%パン

ベッカーナチュレの国産小麦、全粒粉100%パンは、私がよく食べているパンで、オススメです。

全粒粉とは、お米で言うところの玄米のようなものです。お米は精白すると白米になり、精白しないと玄米になります。小麦も精白すると白小麦になり、精白しない小麦を粉にしたものが全粒粉です。

白小麦は白米と同じように糖質、炭水化物の塊のようなもので、ミネラル成分がほとんどありません。

そのため、白小麦を食べ過ぎると糖質、炭水化物過多となり、様々な生活習慣病の原因になります。私が、白小麦ではなく全粒粉のパンを選んでいる理由がそれにあたります。

全粒粉の方が白小麦に比べて健康に良いのに、全粒粉パンはほとんど見かけない。なぜだろう??

全粒粉のパンはほとんど見かけません。あったとしても、全粒粉がわずかしか使われていなかったり、全体の20%だけだったりして、全粒粉100%のパンは無いに等しいくらい見かけません。白小麦のパンに比べて全粒粉の方がミネラル豊富で健康に良いのになぜなのでしょうか?

その答えは以下の画像にあります。

見ての通り、全粒粉100%のパンはペッタンコです。膨らまないんですよね。パンの命である、ふんわり柔らかな膨らみが全粒粉では得られません。

パンはふんわり柔らかな膨らみが命なので、パン用の白小麦で作られます。なので、ふんわり柔らかなコンビニやスーパーのパンには健康に良い全粒粉は使われません。パン屋さんも避けることが多いのです。

全粒粉の割り合いが高ければ高いほど膨らまないので、全粒粉100%のパンは非常に珍しく、貴重な存在と言えるでしょう。

ベッカーナチュレ 全粒粉100%パン

Backer Natur(ベッカーナチュレ)の全粒粉100%パンの材料は以下の通り、非常にシンプルです。

・国産全粒粉
・酵母
・天然塩

たったこれだけです。添加物が入っていないので早めに食べると良いでしょう。

ベッカーナチュレの全粒粉100%パンは、ずっしりとしていますね。ふんわり柔らかなパンと比べると対称的です。しかしながら、パン屋さんにあるような表面が硬いハード系のパンではないので食べやすいです。穀物本来の味と言ったらよいのでしょうか、素朴ながら味わい深いパンです。

ベッカーナチュレの場所は豊島区要町、駅でいうと東京メトロ有楽町線の千川ですが、私が購入したのは荻窪にある自然食品店「グルッペ」です。委託販売しているようで、価格は205円のが値引きされて180円でした。一斤の半分、ハーフサイズです。

グルッペは他にも自然食品がたくさん置いてあります。ナチュラル派の方で荻窪近辺にお住まいの方は、是非一度足を運んでみてください。千川駅近辺の方は、是非ベッカーナチュレで全粒粉100%パンを購入してみてください。

グルッペ 荻窪店

Backer Natur(ベッカーナチュレ)

小麦・パンの関連記事

グルテンフリー、糖質制限などが流行っていますね。近年、急速に小麦が危険視されるようになってきました。確かに日本の食生活は炭水化物過多であり、その他の栄養素、ミネラルが不足しがちですが、なぜ小麦、グルテンが危険なのでしょうか? 当ブログでも小麦の危険性に着目し、以下の...
※平澤誠一のゲルソンパン(1/2サイズ、スライス) ゲルソンパンとは? ゲルソンパンの「ゲルソン」は医学博士マックス・ゲルソン氏によるゲルソン療法からきています。ゲルソン療法とは癌患者のための自然治癒力を高める食事療法であり、この療法を元に開発されたのがゲルソンパ...
木のひげパンのパン・ド・カンパーニュ 250 木のひげパン、大好きなパンの一つです。その中でもシンプルで素朴なカンパーニュが一番好きです。 カンパーニュとは日本語にすると「田舎のパン」です。シンプルでありながら、それでいて誤魔化しのきかないパン...
毎日何らかのかたちで小麦を食べているが、小麦が危険であると言われ出した パンやパスタ、ラーメン、うどんをはじめ、ケーキやクッキーなどの菓子類、あるいは揚げ物のころもなど日常には小麦を使った食品があふれています。日本に暮らしていて「今日一日、小麦をまったく食べていない...
糖質制限、グルテンフリーなどのキーワードを目にするようになり、わたしたちの食事に馴染みのある食材「小麦」が危険なのでは??と言われるようになっています。 当ブログでも「小麦 危険」の視点から、「小麦が危険なのではなく、人間が小麦の危険をつくっている」という内容の記事...