【自然農法 米】無肥料・無農薬・自然農法の米「イセヒカリ」(くり坊農園)の玄米を購入してみた。

くり坊農園 イセヒカリ

以前は白米を常食していましたが、2014年くらいから玄米を食べています。毎日食べているわけではありませんが、「今日は玄米を食べたいな」と感じるとき食べるようにしています。

玄米は白米と比べるといろいろな栄養素が豊富な食材ですが、言い換えれば農薬や肥料、産地によっては放射性物質の影響が出やすい食材でもあります。したがって、それらを考慮して質の良い玄米を選ばないと、健康に良いとされる玄米でも、反対に健康を害することになるので注意が必要です。

今回ご紹介する、私が食べている玄米は農薬、肥料を使わない自然栽培を実践している「くり坊農園」さんのイセヒカリという品種のものになります。

くり坊農園、自然農法の米、イセヒカリについて

兵庫県加東市で自然農法(自然栽培)の大ベテラン、久理田昌治さんによって農薬も肥料も除草剤も一切使わずに栽培された安心・安全で美味しいお米です。

土の中に生息する微生物の力を最大限に活かす独自の自然農法により、ミネラルたっぷりのカラダが喜ぶお米に育ちました。
品種は平成元年に伊勢神宮の神田で発見された“奇跡のお米”といわれる「イセヒカリ」。

コシヒカリをも凌ぐ美味しさにも関わらず、未品種登録のため、市場には流通していない幻のお米です。

※硬質米のため、玄米で食べられる際は一晩または6時間以上水に浸けてから炊いてください。

<イセヒカリ誕生秘話>

平成元年に時を合わせたかのように、神様に捧げるお米をつくる伊勢神宮の神田で、新種のお米が発見されました。

平成元年の秋、伊勢地方を台風が二度も襲いました。神田のコシヒカリの稲は、無残にも全て倒されてしまいました。
ところが、水田中央に悠然と直立する稲があったのです。その稲はコシヒカリより太くて短く、成熟するにしたがって、見事な黄金色になりました。

そのお米を分析したところ、全く新しい品種であることが分かり、食味値が高く、多収性であり、対病性が強いため無農薬で栽培が出来る、たんぱく含量が低く酒米に適している、冷めても美味しいのでおむすび・すし米に適しているなど、良いことずくめの“驚異の稲”だったのです。

そして平成8年、そのお米は皇大神宮御鎮座二千年を記念して「イセヒカリ」と命名されました。現在伊勢神宮では、コシヒカリに代わりイセヒカリが神前にお供えされています。

「他家受粉」か、それとも「突然変異」なのか…。
どのようにして誕生したのかは未だに謎のままですが、突如として現れたイセヒカリは、まさに「神が与えたもうた新品種」であると考えられています。

参照元:楽園オーシャン

イセヒカリというお米は、平成元年に神様に捧げるお米を作る伊勢神宮の「神田」にて、たまたま発見されたお米です。そのため「奇跡のお米」と言われています。最近のお米はもちもちふっくらした品種が多いですが、イセヒカリはサラッとしていて、サッパリした食感のお米です。食後の腹部の圧迫感も少ない感じです。

このイセヒカリを作っているのは兵庫県加東市で農薬、肥料、除草剤すら使用しない自然農法を手掛ける「くり坊農園」さんです。代表の久理田昌治は自然農法の大ベテランでもあります。昭和26年から親子三代にわたって自然農法をおこなっているとのこと。

玄米の性質について

先にも書きましたが、玄米は栄養価が白米に比べると高いですが、その分、身体に悪いものまで貯め込んでしまいがちです。ですが、くり坊農園のイセヒカリ玄米は、産地は兵庫県であり放射性物質の影響もなく、農薬、肥料なども使用しない自然農法のお米であるので、極めて安心、安全なお米、玄米だと私は考えています。

以前は玄米ではなく白米を食べていましたが、白米から玄米に切り替えた直後は、玄米の強烈な発酵臭のような匂いがダメでした。しかしながら、慣れてくると玄米独特の臭いも平気になり、今では玄米の方が断然美味しく感じます。反対に今度は玄米を続けて、白米を合間に食べてみると白米のモチモチ感が嫌な感じで身体が受け付けません。食後に気持ち悪い圧迫感もあります。以前は何も気にせず美味しくモリモリ食べていたのに不思議なものです。

また、玄米には解毒作用があることで知られています。長崎の原爆投下後、玄米を食べていたことで原爆症を免れた秋月医師の話しは有名です。

原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁

長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療に活躍された、聖フランシスコ病院の秋月辰一郎医師は、「昭和20年8月9日の原子爆弾は長崎市内を大半灰燼にし、数万の人々を殺した。爆心地より1.8キロメートルの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は、焼け出された患者を治療しながら働きつづけた。私たちの病院は、長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。その時私といっしょに、患者の救助、付近の人びとの治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁」であったと、私は確信している。」と、著書「体質と食物」(クリエー出版)に書かれている。
「わかめの味噌汁と玄米食」で自分の結核を克服したと信じていた秋月医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めていた。また砂糖(甘い物)は避けるように指示した。そのおかげで、医師・看護師らは獅子奮迅の働きで多くの命を救い、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったという。味噌(大豆)のたんぱく質やビタミン・ミネラル、わかめのミネラル(ヨウ素やカルシウムなど)・繊維、玄米のビタミン・ミネラル・ファイトケミカル(フィチン酸・フェルラ酸など)等々の総合力によって放射能の害を抑えたとしか考えられない。

 広島の原爆では、9歳で被爆した少女が玄米食で奇跡的に回復し、その後結婚されて7人もの子宝に恵まれた。佐和子さんは外で遊んでいる時にピカドンの爆風で飛ばされ、屋根から転がり落ちて我に帰った。足の裏まで焼けた全身やけど(髪の毛も眉毛も黒こげ)のなか、必死の思いで母親を見つけ出した。全身に水をかけられ病院に運ばれ即入院。奇跡的に一命を取りとめたものの、ケロイド(やけどの傷跡)は切っても切っても盛り上がり、夏場はその傷口からウジがわいて、そのウジを取って暮らすのが辛かったという。高校生になるまで、母親は佐和子さんに鏡は一切使わせなかった。こんな醜い顔では結婚もできない。原爆症で白血球も肝機能も低下し、生きる支えはただ一つ、勉強して研究者になり原爆・放射能の研究をしようという思いだった。
彼女は猛勉強をして広島大学工学部に入学、放射能の研究一筋の生活に入った。そして玄米食をしていた平賀先生と巡り合う。先生は暇さえあれば佐和子さんを山へ連れ出し、山菜や薬草を取りに行き、「玄米を食べて治らない病気はない。身体の浄化作用をするのは玄米の働きだから、玄米を食べれば原爆症だって治る」と言って玄米食を勧めた。その言葉を信じて玄米食を始めた佐和子さんの身体に、数カ月で変化が起きた。あの焼けただれたケロイドの皮膚がポロポロと剥がれ落ちてきたのだ。髪の毛も眉毛も元通りに戻った。そして平賀先生と結婚、なんと7人の子供を生み育てたのだ。これも命ある玄米や野菜・海藻の総合力以外の何物でもない。

 最後に秋月医師の著書より。「日本人は米・麦が主食で、副食として何が一番優れているかを考察すべきである。米・麦飯には、やはり何といっても、油揚、わかめの味噌汁が傑作である。」 食生活は種々の食物の総合力であることは明らかだ。普段から野菜・海藻多めの日本食で主食は玄米に努めることは勿論だが、原発の事故により放射能が放出されている非常事態の今こそ、玄米・大豆(味噌など)・野菜・海藻の総合力によって多くの人々が何としても自らの生命と健康を守っていただきたいと思う。

NPO法人 日本綜合医学会 理事 井上 明

参照元:ケアごはん

イセヒカリ玄米を食べる際には6時間から一晩、水に漬けておくのが良いようです。玄米には発芽抑制因子(アブシジン酸)と言われる人体に害を及ぼす物質が含まれています。そのため、水に漬けて発芽を促すことで発芽抑制因子であるアブシジン酸の影響を無くす必要があるのです。

水に漬ける方法以外には、乾煎する方法があります。私は玄米を食べる時には香ばしい匂いが出るまで乾煎してから、土鍋で炊くようにして食べています。

玄米は言い換えれば「植物の種子」です。種子は植物が繁栄するためになくてはならないものです。そのため、容易に他の生き物、動物に食べられないようにアブシジン酸という生物毒を持っています。したがって、上記のようなアブシジン酸の影響を受けないように工夫する必要があるのです。

また、玄米は完全栄養食のように表現されることもありますが、わたしはそれは違うと思います。確かに白米と比較すると栄養価は高く、解毒作用もあります。しかしながら、玄米だけ食べていれば健康になれるとは考えられません。何事もバランスが大切と言えるでしょう。

時々、玄米を食べ続けたら、健康状態が悪くなったという人の情報を見かけます。それは上記のような、発芽抑制因子であるアブシジン酸のきちんとした処理を行っていないことや、玄米ばかり食べて他の食べ物を食べなくなった人が多いのではないか、と思います。

くり坊農園、イセヒカリ玄米の購入方法

くり坊農園のイセヒカリ玄米は、自然食品のネット通販を手掛ける「楽園オーシャン」で購入することができます。玄米ではなく、白米も購入可能ですし、くり坊農園の野菜も購入可能です。もちろんすべて無肥料、無農薬の自然農法の品です。

楽園オーシャンWEBサイト

楽園オーシャン内、イセヒカリ購入ページ

楽園オーシャン内、くり坊農園元気野菜セット購入ページ

また、くり坊農園さんではありませんが、Amazonで無農薬のイセヒカリ玄米を購入することも可能です。


自然栽培 イセヒカリ 玄米 5キロ


自然栽培 イセヒカリ 玄米 10キロ

なお、くり坊農園さんの自然農法野菜であればAmazonでの購入も可能です。


くり坊農園の自然農法無農薬野菜セット ((サイズ大))[5品から11品目]【桜問屋】


くり坊農園の自然農法無農薬野菜セット ((サイズ中))[4品から8品目]]【桜問屋】


くり坊農園の自然農法無農薬野菜セット【桜問屋ベストセレクション】 ((サイズ小+シークレット)))

食についての関連記事紹介

以前、「輸入バナナにはポストハーベスト農薬、燻蒸の危険性がある」という記事を紹介しました。詳しい内容は以下の記事になります。 そこで今回はポストハーベスト農薬、燻蒸の危険性がない「有機JAS認定」を受けているバナナのうち、実際に私が普段食べているバナナを紹介...
日本のスーパーやデパートの青果売り場では様々な果物が並んでいますが、一番親しみのある果物は何と言ってもバナナではないでしょうか?バナナが嫌いだという人はほとんど見かけません。しかしながら、安すぎる輸入バナナには食べたら健康を害するリスクが存在します。きちんとした知識を身に...
近年になって「牛乳は危険」だという情報が増えている 以前、「牛乳は危険」という趣旨の記事を書きました。以下のリンクの記事がそれに当たります。 「健康に良い」と言われ続けてきた牛乳が、最近になって、なぜ「危険」と言われ出したのか、その要点...
何気なく大手ポータルサイトのYahoo!JAPANを見ていたら、次のような記事がヘッドラインにあがっていました。 『<食と健康>「現代野菜の栄養価は低い」は本当か?』 現代では野菜の栄養価が低くなっているとウワサされているが、それは本当なのだろうか?という記事...
毎日何らかのかたちで小麦を食べているが、小麦が危険であると言われ出した パンやパスタ、ラーメン、うどんをはじめ、ケーキやクッキーなどの菓子類、あるいは揚げ物のころもなど日常には小麦を使った食品があふれています。日本に暮らしていて「今日一日、小麦をまったく食べていない...